予想ブログ

この馬は1着か消えるか、2着はない「チャンピオンズC」

最近、妙に「足りない」結果ばっかり続いてますが、見立てがズレてるという訳では無いので、こらえて続けていきましょう。
今回私が目を付けたのは、5連勝

◎5番クリソベリル

タイム的には、全く実績もありませんが、素質は十分感じます。こういう新星は、経験上1着もしくは完全に消えるのみ。私は1着に賭けても面白い馬だと思います。デットーリだスミヨンだムーアだと目を奪われますが、そろそろ川田でもいいかとw。
おまけにゴールドドリームもオメガパフュームも、あっさり勝つようには見えません
ここは馬「単」で狙ってみます。

2019-12-01 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

軽く眺める程度にw「ジャパンC」

昔は、一番苦手なレースの一つで10数年間、1回も当たった事もなかったんですが、2011年から突然4連勝。それも3連単の高配当と、私自身よく分からないレースとなりました。ここまでド本命がいないジャパンCも初めてですし、おまけに不良馬場、そして外人だらけw
全く状況に合わせられないので、ここはいつも通りの自分の直感で。穴党の私ですが、今回は怪しい馬が多すぎて、全くレーダーが反応しませんw。ここで狙うのは、天皇賞でずっこける4着を私にプレゼントしてくれた

◎6番ユーキャンスマイル

前走は、切れ味が注目されましたが、他のレースを見ると、こじ開けてくるようなレースが多く、ここでも面白い存在だと判断。相手には、最近イマイチパッとしない5番スワーブリチャードと8番レイデオロを。
これがハマるかどうかだけを眺めてみますw。

2019-11-24 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

この馬は強い!「マイルCS」

先週の函館で、やっとイベントシーズン終了。これからは、気合入れて競馬を(あまりありませんがw)。
今回の2強、難しそうに見えますが、腐っても天皇賞組と私は読みます。それも2着馬が登場、

◎14番ダノンプレミアム

前にも行けて、上りもよし。勝つのは、この馬だと思ってます。
相手には、いつも通り「穴」w。前走が14着と惨敗、昨年のマイルCSの映像を見ても勝つ気がしないw

〇10番アルアイン

この位が、ちょうどいいかと。2着候補で考えて、滑ったら3着と思っていたら、3連単と間違って3連複を購入w。あまり気合も入るようなオッズじゃないので、このままで行きます。
このレースを一言で評するなら、「中途半端な結果」が多いレース。昔々はガチガチ気味のレースだったんですけどね。このレースで滅多に勝たない(カンパニー以来10年近くなし)1番人気を選んだので、相手は中途半端で丁度いいかとw。有馬記念まで、あと1か月ちょっと、追い上げて見せます。


2019-11-17 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

「天皇賞」も同じようにw

このレース、2強かそうじゃないかだけw。2-10のワイドを買えば、ものすごく当たりそうな予感もしますがw、やはり成長したいので、いつも通りの勝負
穴があるとすれば・・・・

6番ユーキャンスマイル

20年ほど前、サイレンスズカが単勝1.2倍で沈んだ(ケガ)時、勝った馬は、新潟記念1着のオフサイドトラップ。夏場の重賞ウイナーは、評価されませんがユーキャンスマイルの抜け出し方は、夏場の長い直線をまぐれで差した脚ではありません。菊花賞3着と2年前の3着レインボーラインの香りも漂わせ、穴馬としては十分な逸材。
1着までは、出来すぎなのでw、2着・3着で考えられる馬券だけを狙ってみます。


2019-10-27 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

想像力に賭けるw「秋華賞」

今年の私のテーマは、想像力をフルに働かし、その描き切ったものに確率を無視して賭けきる。
これが出来ない限り、いつまで経っても「3連単」に高額を突っ込んで勝負する事はかなわないので、挑戦の意味での戦いです。
今回、私が想像したのは、

3連勝したデムーロの馬は強いが4連勝目は無い

そんなもんでしょw。13番サトノダムゼルと17番エスポワールは、騎手が外人、成績良好w、脚質同じで、どう考えてもワンツーは無いと読みますし、個人的に13番サトノダムゼルの前走時のラスト100メートルの切れに素質を感じてしまいます。
このデムーロのサトノダムゼルに勝てるとしたら、

先行して行ってしまえる8番カレンブーケドール か
キレでは負けない14番シゲルピンクダイヤ(桜花賞 上がり32.7秒)

この2頭の勝ちが面白いと考えます。
「競馬最強の法則」も廃刊になるみたいですが、15年前BTSカップという予想大会で3000人中登場回数1位となり、ネット・誌上予想を始めたのも、いい思い出です(ギャラが安すぎて、すぐ辞めましたがw)。その時の私の感覚が、いまのようなやり方。回りまわって元に戻っているみたいですw。

2019-10-13 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

秋スタート!「スプリンターズS」

イベントシーズンも一段落し、なんとか競馬にも向かえるようになりました。
今年の秋は、自分の感覚のキレが戻っているかどうかを確認しながら、高配当を仕留めれるようにしていきます。狙いは、

15番イベリス

前走セントゥルSでも1点ワイドで狙った馬(相手 福永のミスターメロディで散りましたがw)。
今回も、その時に圧勝したタワーオブロンドン(8番)で行ってみます。同じ1着、3着は無いと思いますが、イベリスが間違って1着と言うのも面白いところ。イベリスが来るという勘で勝負してみます。

2019-09-29 | Posted in 予想ブログ2 Comments » 

 

意外に得意、特異?なレースw「函館記念」

私が抱える最大のイベントも終わり、ちょっとマッタリ競馬でもw。
夏競馬は2年前から封印してるんですが、このレースと札幌記念だけサクッと挑戦してます(当たるんでw)。
今年のメンバーを見て、どれもこれも全く勝つ目が見えません。ステイフーリッシュだけ若干まともに見えますが、このレースでは、こっから行ったらまず当たらないでしょう。
私は、

9番ポポカテペトル

から大穴馬まで幅広く狙って挑戦してみます。
昨年は5番人気エアアンセム(9.6倍)の単勝で美味しい思いしたので、後から単勝も少し買い足しますが、一昨年函館現地で、14番人気タマモベストプレイを狙って外しているので、ここはリベンジでひろ~く流しますw。
夏は、まだまだこれから。

2019-07-14 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

「マカヒキ」は終わっていない「宝塚記念」

安田記念が終わり、イベントシーズンが近づいてくると土日も準備や視察に費やされます。
先週も先々週も完全に競馬をカットし(見てはいますよ)、黙々と作業。
勘が鈍ってなければいいなと思いつつの一発。
今日のレースは、どれが勝ってもおかしくないレース。レイデオロにしたってドゥラメンテやゴールドシップのようなモンスターでもありません。どの馬にも勝機があると見込んでの穴狙い(いつもですがw)。

7番マカヒキ

前走大阪杯では内を突いてから外に出しても上がり最速。この馬がダービーで勝ったのもマクリ一辺倒に徹したもので、ここもそれが出来ればデニムアンドルビー(4年前2着)位にはなれるはず。
春の最後に一花咲かせてもらいましょう!
さあ来週からは小さいのから大きいのまで、青森をイベントで盛り上げます

出店200店舗以上。来客数3万人・・・競馬場より出店数は多いですw
これ小さな雑貨屋さんが、やってるんですよw

2019-06-23 | Posted in 予想ブログコメントを書く » 

 

多分、穴w「安田記念」


先週のダービー、穴はあっても「3着」。でも可能性は低いと思って(昨年16番人気のコズミックフォースが3着で2年連続はないと判断)、
1番ロジャーバローズ(1着)、9番ニシノデイジー(5着)と健闘してくれましたw。健闘しすぎてはずみで1着は、さすがに読めませんでした。久々に競馬でビックリしてしまいました。
やはり私は穴ですねw。

と、言う事で14番と15番の強さ分析は辞めてw、穴馬探し。この2頭を抜かすとどの馬も穴馬みたいなものなんですが、やはり穴馬の気配がするのは、昨年から泣かず飛ばずの

◎1番ケイアイノーテック

昨年のNHKマイルCは、大外一気に捲ってきましたが、それ以来パッとせず、「G1ホース」とは毎回言われてもパッとせず、どこで買えばいいのか分からないような馬ですが、昨年の毎日王冠5着の走りは買えます。安田記念自体、短距離と言うより中距離で活躍している馬が連対しており、ある程度の距離適性が要求されます(ロードカナロアとブラックホークは無視w)。
1枠でインから脚を貯めて入賞に徹してくれれば「3着くらいはあり得る」かと。
2着は薄いと読んで軽く流し、3着の3連単に厚めに行ってみます。


2019-06-02 | Posted in 予想ブログ1 Comment » 

 

穴は出ないw「ダービー」

ダービー、穴は出ませんw。終了です。
早めに抜け出すわ、キレは凄いわで、この2頭で決まるはず。
どちらかと言ったら、大和魂を見せて

◎13番 ヴェロックス

に頑張ってもらいたいとこですが、シーザリオの子供って言うウルトラ良血に歯向かえないので、心の抵抗だけにしますw。
勝負は目黒記念の 3番ソールインパクト これからの馬連で逝きます。

2019-05-26 | Posted in 予想ブログコメントを書く »